読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンパイラかく語りき

文系新卒プログラマーのメモ

マークダウン記法について勉強してみる

どうも!chuckです。

今回はずっと気になっていたマークダウン記法について調べてみました。

 

 

マークダウン記法とは?

Wikipediaによると…

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。もとはプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発された。現在ではHTMLのほかパワーポイント形式やLATEX形式のファイルへ変換するソフトウェア(コンバータ)も開発されている。各コンバータの開発者によって多様な拡張が施されるため、各種の方言が存在する。

Markdown - Wikipedia

要は、ちょっとした文書作成やメモ書きに便利!ヽ(=´▽`=)ノ

 

なぜ勉強しようと思ったのか?

マークダウン記法に興味をもったきっかけは以下のプラグインでした。スライドの中身をマークダウン記法で書く必要があり、始めてマークダウンを書きました。

chuckwebtips.hatenablog.com

調べてみると他にもいろんなところで使われているんですね!

例えば、GitHubのREADMEやTumblrWordpressはてなブログでも使うことができるようです。なので、これは習得しておいた方が良いのではないかと。

 

ツイッターでも、フォロワーさんに高評価の模様。

f:id:chuck0523:20150707053248p:plain

 

f:id:chuck0523:20150707053335p:plain

 

使い方

マークダウン記法に必要なのは、プレーンテキストに記号を散りばめるだけです。

例えば、

# タイトル

と書くと、

<h1>タイトル</h1>

というHTMLタグに変換されます。

 

他にもリスト構造、リンク、画像埋め込みなども可能だそう。

 

qiita.com

たくさんのサイトにまとめられていますが、時間がある方はドットインストールを利用してもいいかもしれません。

dotinstall.com

さすがドットインストール!なんでも揃ってる!(´;ω;`)

 

まとめ的な

プログラミング的には絶対に必須ではないけど、覚えておいて損はないと思いました。特に僕のようにブログでアウトプットする人間にとっては、少しは生産性が上がるのではないかなと。

学習コスト的にもHTMLさえわかればあとは慣れの問題だと思われます。

 

 

参考にしたサイト様

kojika17.com

 

matome.naver.jp