読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンパイラかく語りき

文系新卒プログラマーのメモ

Swift実践入門1 レッスン4

Swift

Swiftの練習です。

いよいよワードカレッジのレッスンもこれで最後ですね。

WordCollage - Teaching App Development with Swift - Swift Education

 

chuckwebtips.hatenablog.com

 

プロジェクトダウンロード

何はともあれ、プロジェクトをダウンロードします。

f:id:chuck0523:20160517081745p:plain

2つ目のリンクですね~。

 

今回やること

今回は2つ以上のボタンを実装します。

前回は、背景色を変更する1つのボタンを実装しましたね。

 

プロジェクトをオープン

ダウンロードしたプロジェクトをXCodeで開きます。

Main.stoyryboardを見るとこのとおり。

f:id:chuck0523:20160517082012p:plain

すでにボタンが1つありますね。ボタンの機能も実装されています。

f:id:chuck0523:20160517082044p:plain

 

最終目標

以下のようにします。

f:id:chuck0523:20160517082118p:plain

画面の下部に3つボタンが並んでいますね。ボタンに応じて、3つの背景色を選べるようにします。

 

 

作業開始

作業を始めていきます。

ボタンの追加と装飾

ただひとえに、⌘+C アンド ⌘+V。コピペですね。

f:id:chuck0523:20160517082423p:plain

文言を変えて、コンストレイントを追加しました。

f:id:chuck0523:20160517082850p:plain

できた!ボトム揃えができた…感動。

 

アクションの実装

前回同様、ドキュメントアウトラインからボタンをControlを押しながら、アシスタントエディタへとドラッグします。

ボタンそれぞれに同様の処理を実施。アクションをひも付けます。

 

3つのボタンに実装した3つの関数がこちら!

f:id:chuck0523:20160517083837p:plain

 

動作確認

さて、実装が終わったので、シミュレータで確認します。

これがデフォルト状態。

f:id:chuck0523:20160517084059p:plain

blackボタンを押してみます。

f:id:chuck0523:20160517084123p:plain

きました!背景色が黒に!

 

さらにredボタンを押すと、

f:id:chuck0523:20160517084143p:plain

うおおお。目が。。。

赤くなりました。

 

まとめ

というわけで、複数ボタンと複数アクションを実装できました!

これにてワードカレッジのレッスンは終了です!Swift、というかXCodeの基本的な使い方を学ぶことができました~~!!