読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンパイラかく語りき

import { Fun } from 'programming'

sshログイン時のwarning: setlocaleを解消する

vagrantにログインする際、以下のエラーが出ました。

-bash: warning: setlocale: LC_CTYPE: cannot change locale (UTF-8): そのようなファイルやディレクトリはありません

 どうやらこれ、vagrantではなくsshの問題のようです。

 

qiita.com

 

qiita.com

 

Qiita様の投稿にしたがって解決します。

 

警告の内容はロケール、つまり言語設定に起因しているようです。

なので、/etc/sysconfig/i18n を編集します。

$ sudo vi /etc/sysconfig/i18n

 

f:id:chuck0523:20151107161312p:plain

2行目を追加しました。

 

そして、vagrantからexit。再びvagrant ssh でログインしてみると、

f:id:chuck0523:20151107161425p:plain

このとおり。警告が消えました。