読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンパイラかく語りき

文系新卒プログラマーのメモ

RailsのHTMLテンプレートをslimに変更しました

Rails Slim

全てはここに。

qiita.com

 

gemインストール

f:id:chuck0523:20151029001958p:plain

 

Gemfile追記

f:id:chuck0523:20151029002034p:plain

f:id:chuck0523:20151029002041p:plain

 

bundle update & bundle install 

f:id:chuck0523:20151029002118p:plain

f:id:chuck0523:20151029002128p:plain

 

最後に、設定をいじる。

f:id:chuck0523:20151029002508p:plain

application.rbに以下の1行を追記。

f:id:chuck0523:20151029002515p:plain

 

これで準備完了。

これ以降、rails generateするとerbではなくslimファイルが作成される模様。

さすがRails。カンタンすぎる…。

 

 ためしに、コントローラ作成。

f:id:chuck0523:20151029002707p:plain

 

ん??

 

f:id:chuck0523:20151029002726p:plain

slim的なものは呼ばれている。けど、ディレクトリしか生成されてなくない??

 

f:id:chuck0523:20151029002812p:plain

案の定、views/tests/ は空っぽ。

 

(15分くらいハマる)

 

解決しました。

アクション名を指定していませんでした。勝手に逆ギレしてすみません。

 

このように。

f:id:chuck0523:20151029003732p:plain

testsというコントローラを、helloというアクション付きで生成します。

 

すると、アクションに対応するslimファイルが生成されました。

f:id:chuck0523:20151029003816p:plain

 

こちらがファイルの中身。

f:id:chuck0523:20151029003834p:plain

かわいいslim記法ですね。

 

もちろん、ビューのhtml.slimファイルは後から追加することも可能です。(自動生成ではなく)

 

ちなみに、テンプレートをslimに変えたからといって、erbファイルが無効になるわけではないようです。きちんと表示されます。

 

既存のerbファイルのslim化はまた次回。