コンパイラかく語りき

import { Fun } from 'programming'

文系プログラマーがRailsでロシア語アプリケーションをつくる⑦

どうも!chuckです。

引き続きロシア語単語帳を作っていきます。が、今回はちょっとRailsから外れます。どちらかというと、JavaScriptや文字列操作のお話かも。

 

chuckwebtips.hatenablog.com

 

 

こちら、以前僕が作ったロシア語の単語帳です。

f:id:chuck0523:20150719011855p:plain

ただし、HTML/CSS/JavaScriptで作っているのでホントにシンプル。データの更新、削除、追加などはできませんヽ(´Д`;)ノ

 

なので今回、再びRailsで作成している次第であります。

 

ここからデータを取ってきたい。

本題。せっかく作ったものがあるんだから、そこからデータをもってきたい。

 

取ってきた

こんな流れ。

1, DOMを選択してテキストを取得

2, テキストをSQLiteの形式に修正

3, seeds.rbに貼り付けてrake db:reset

 

以下、流れを見ていきます。

 

ここが目玉。こんな関数を書きました。

f:id:chuck0523:20150719013255p:plain

かなり雑だけどw

for文で列の数だけ回してます。それぞれのtdからテキストを取得。そしてそれを整形したあと、1つ文にまとめてます。

それをHTML内のテキストエリアに格納。

f:id:chuck0523:20150719013727p:plain

 

これをコピペしてseeds.rbに貼り付けます。

f:id:chuck0523:20150719013832p:plain

うん、ちゃんとシンタックスがハイライトされている!(=構文として正しい)

 

そして最後に rake db:reset を実行。

f:id:chuck0523:20150719014019p:plain

きた!エラーなく成功!

 

ブラウザで確認してみます。

f:id:chuck0523:20150719014038p:plain

うんうん。

 

最後までスクロールしてみると…。

f:id:chuck0523:20150719014103p:plain

きました!きちんと223件のデータが入っていますヽ(=´▽`=)ノ

 

まとめ的な

いやあ、楽しい。文章を取得して切り出して、SQLite用に整形するのが楽しすぎました!

前に書いたコードがこんな形で役に立つなんて…!たぶん1件1件入力してたらめちゃくちゃ時間かかってたかも…(;・∀・) いやあ、スクリプトってすごいですね!

 

というわけで、データに関してはひとまずOKということで。次回から機能を追加していきます。

 

書いたコード

gist8a6498ff032b6f88f24d